おしゃれな家に住みたい!注文住宅の間取りで気をつけること

おしゃれな家に住みたい!注文住宅の間取りで気をつけること

気を付けたい間取り

間取りで失敗しないために

住んでみなければわからない事もある住宅。
じっくりとデザインも間取りを考え抜いたのに、これはちょっと失敗した、なんていう事態はぜひとも避けたいところです。
そんな間取りを決めるとき、注意しなければならない点が、いくつかあります。
収納はそれで大丈夫でしょうか。
収納を取るスペースの位置はとても重要です。
一見おしゃれな内観の吹き抜け、寒さ対策はできるのでしょうか。
広い空間は、冷暖房も効率が悪くなってしまう場合があり、結果光熱費があがってしまった、なんていう事もあります。
そして生活でかかせないコンセントの位置は、そこで大丈夫でしょうか。
あらかじめ、電化製品を置く場所も念頭にいれておかなければ思いのほか不便になってしまった、なんてことも。

長く住む事を大前提に、間取りも考えよう。

住宅を造るのは、一生に一度の大きな買い物になるかもしれない注文住宅。
自分や家族が年齢を重ねた時に、どんな暮らしをしているのかじっくり想像してみましょう。
今は大変便利だと思ってやっている事が、年を重ねた時は不便になっていないか。
例えば、よくある事例で2階にリビングを造る家も多いですが、年を取った時に階段を上り下りする事が苦痛になってきてしまう場合もあります。
そして1階に人がいなくなる事で、防犯面でも対策を考えておかないといけません。
オシャレにこだわり過ぎて、逆に不便になったり利便性が低くなったりしないよう、気をつけてみましょう。
おしゃれな間取りも注意するポイントを押さえれば、とても快適な空間になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る